• home >
  • ピンクとグレー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説家デビュー4周年♡

今から4年前の2012年1月28日は
シゲちゃんが「ピンクとグレー」で小説家デビューした日♡

あのころわたしはシゲちゃんに心奪われて3ヶ月くらいたってたかな。

まさか、こんなに長くシゲちゃんに心奪われ続けてるなんて、予想できなかったよ。笑


シゲちゃん、小説家デビューおめでとう\( ´ω`)/♡

あれから、
2013年3月1日 閃光スクランブル
2014年3月24日 Burn.-バーン-
(1月5日発表)
2015年6月1日 傘をもたない蟻たちは
(3月25日発表)
と毎年小説を出してくれていて、
毎年毎年シゲちゃんの書くお話が読めてただただ幸せです(´pωq`)


たぶん、ピンクとグレーを出したころは小説を書けるなんてすごい!
って思うだけで、
まさかその小説が4年後に映画化されて大ヒットしてるなんて想いもしなかったよね。



シゲちゃんはまわりの人の力も借りつつ、自分のできることで道を切り開いていく人だなぁ。
それがちゃんと、シゲちゃんがよく言ってる、「NEWSに還元できるように」になってるよ!
すごいよシゲちゃん!!!!


だから、わたしはシゲちゃんが好きなんだと想う。


ただただシゲちゃんが好きだよーーーー(´pωq`)!!!!



もしチャンカパーナ発売のときにあったような握手をしつつ一言伝えられる機会がいまあったら、
「小説読んでます」とか「ドラマ見てます」とか「名前呼んでください」とかより、
「好きです!」って言うと思う!

一方的に告白して颯爽と去ろう!恥ずかしいから!笑




で!(唐突)


そんなわたしは、昨日3回目のピングレを観てきました!
前回、舞台挨拶に行かせてもらえて、生でシゲちゃんの映画のアレンジに対する思いを聞けて、わたしの心のなかにあるモヤモヤを消してもらえて。

そんなことを踏まえての昨日の3回目。



わたしね、やっぱり頑固でした。笑

シゲちゃんがありかもなと思ったって言ってるの聞いたのに、
わたしはやっぱり好きになれないや。




でもね、エンドロールに
「加藤シゲアキ」
って書いてあるのはやっぱり何度見ても感動する。

だから、行定監督、ありがとうございます!!



…って、いやーーーな感じでブログ書いてたら嬉しいお知らせきたーー♡









スポンサーサイト

ピンクとグレー大ヒット記念舞台挨拶②

順番とか覚えてなくてめちゃくちゃかもしれないけど、
帰りの電車で急いでスマホにメモったものと、レポしてくれてる人のツイートを参考に思い出したやつまとめ。


中島くんが主演ってはなしは、中島くん本人から聞いたそう。
でもまだその情報をシゲちゃんはもらってないときで、中島くんはシゲちゃんのなかではごっちなイメージだったから、
「ごっち?りばちゃん?でも主演?!裕翔はごっちっぽいんだよな~」って、そこで既にキャスティングの妙に引っ張られてたそう。

だけど「後輩がやるのか」とか、「裕翔が主演?」とか、「え?」って思わなかったって。


あと、シゲちゃんの好きなシーンは?って聞かれたとき、
「裕翔がギター弾いてるシーンで、実は一番低い音が出てなくて、このために練習したんだなってのが出ててかわいい」(ニュアンス)って言ってたから、
シゲちゃんは裕翔くんのことをかわいい対象としてみてるんだなって。

「裕翔にエロさを感じないから、あのフルな…シーンが面白かった」(ニュアンス)とも。


裕翔裕翔ってよく言ってた。



あと他に好きなシーンに、
最初のコンテンポラリーのシーン。
書いてて映像化しにくいだろうなって思ってたから、こう映像化したんだって印象的だった。と。



他に、ピングレはりばちゃんが書いてて、りばちゃん原作者であり主演、横に菅田くん夏帆ちゃんがいてインタビュー受けてるシーンの裕翔が俺に見える。
あの状況もよくあるし、裕翔が謙遜してる感じが俺に似てると。


その話をしてるとき、
シゲちゃん隅々まで観てるな~って思った。
(実は昨日、DVDでピングレ観たそう。)



あとはね、もうフルチントークです。笑


シゲちゃんがひたすら「フルチン」「フルチン」「フルチン」「フルチン」って言ってた。苦笑

フルチンって中島くんのあのシーンのことだけ指してるんじゃなくて、
「俺のすべてをさらけだして書いたピンクとグレーだから、裕翔にもむき出しで頑張って欲しかった。結果、中も、もちろん外も…(笑)フルチンで頑張ってくれました。笑」
ってとこから、監督含め3人の中でフルチンブームが起こった(笑)


明日のスポーツ紙にでかでかと「フルチン!」って書かれるなってシゲちゃん笑ってました!笑


「あーあとから怒られる」とも。笑




あとはね、わたしが一番もやってたこと。
あれをシゲちゃんが消し去ってくれた。


わたし、最初に見たときまず頭に浮かんだのが「シゲちゃんはこれを見てどう思ったんだろう(残り半分原作にはないのとか)」ってこと。


わたしは正直、ピングレをああいう風にアレンジしたのがいやでした。

シゲちゃんの書いてる繊細できれいで脆い世界じゃなかったように思えたから。


だけどね、あのアレンジについてシゲちゃんが今日自分の口から話してるのを生で聞いたとき、心がふわっと軽くなった。


シゲちゃんはほんとに始めのころ、行定監督と熊本料理屋さんでアレンジについての話をしたそう。
二人の記憶では、何個かあるアレンジの候補のうちの一つだったけど、採用になったこのアレンジおもしろいなってシゲちゃんは思ったんだって。

自分が原作を書いたときのあの構成はすごく練って作り上げたものだったけど、
行定監督からあのアレンジを聞いたとき、うわ~それ使いたかった!!とまで思ったんだって。


それが、シゲちゃんの心の底からの本音かはわからないけど、
そんなこと言ってたらシゲちゃんが発信してくれるものすべてを疑ってかからないといけなくなるから、これはシゲちゃんの本音だと想うことにする。


そうしたら、わたしがネガティブに捉えてるこの映像化の仕方も、ありなのかそっかって想える。



そう思える前に見たから、2回目の感想も1回目とおなじ。
3回目、どんな感想になるかな。
また観に行きます。



もうメモってるやつ全部書いたから、ここからはわたしが見つめ続けたシゲちゃんの約30分を。



全部が終わって、お客さんが会場から出るときによく聞こえてたんだけど、
みんな、
「シゲ、黒くなかった?」って言ってた。笑


そーなの!なんかシゲちゃん焼けてたの!!釣り焼け?笑

だから、ちょっと焼けてる肌と、
シゲちゃんが着てる黒いシャツにグレーのベスト、グレーのスーツがね、
キラキラなんだけどギラギラでもあった!笑

まあ、いうほどでもないんだけど、
いつもの白うさちゃんみたいな感じではなかったです。
(わたしにはいつもシゲちゃんが白うさちゃんに見えてます。)



あとね、内股率が非常に高かった。笑
顔も、緊張してるのかな?って思うくらいほんのり赤くなってたから、
ただひたすらかわいかった♡♡

お喋りして、一旦プレス向けの写真撮影があったんだけど、(そのあとまたお喋り再開されます)
スタッフさんがマイクを回収しにきて、その代わりに大入のパネルみたいなの渡されるの。
それ持って撮影なんだけど、その準備のとき、おでこのテカり?汗?を気にして、グーの手でおさえてた。自分で♡


こっちお願いします!とか、右側のカメラでお願いします!って声がカメラマンさんからかかるんだけど、
かっこよく決めてる顔してたり、笑顔だったりなの。
かっこいい顔してるときに(笑)、「笑顔でお願いします!」って言われて、すぐにあのシゲちゃんのかわいい笑顔になったとき、シゲちゃんのアイドル力を見た気がしました…!!



あとね、そのパネル渡されるときとか、こちらむけに話してないとき、
中島くんに近寄って笑いながら話してる姿が多くて、たまらなくかわいかった♡


わたし、シゲちゃんをずっと双眼鏡で見てました。
舞台挨拶初体験だったから双眼鏡つかっていいのかわからなくて、舞台(お芝居)のときにライブのうちわを持ってくのは非常識!みたいな類いのルールがわからなかったんだけど、連れてってくれたお友達が舞台挨拶経験者で(NEWS以外も好きな方なので)、双眼鏡つかっていいんだよ~と教えてもらったので思う存分それでシゲちゃんをのぞきました!

時々はずして、ああシゲちゃんとおなじ空間に…!!(´pωq`)
とか感じてみたり。笑

最後はね、下手側の舞台袖にはけてったんだけど、
消える直前に深々とお辞儀をして消えていきました~


あーーー幸せな時間だった(´pωq`)
ピングレの主演がHey!Say!JUMPの中島くんだったこともあるのかな、舞台挨拶申し込みまくってたけどどれも当たらなくて……ってのを経験した上での今日だったから、
もう幸せで幸せで、
シゲちゃんがお家で必死に小説を書いたあの努力が、こんな大きなことになって、そのおかげでわたしは幸せな気持ちにしてもらえてるんだなぁって思ったら、シゲちゃんから離れられないなぁって。


シゲちゃんが見せてくれる景色をずっと見ていたいなぁ。




幸せだったなぁ。



シゲちゃんかわいかったなぁ。

結局。笑



ふふふ♡


ピンクとグレー 大ヒット記念舞台挨拶①

今日、実は…

ピンクとグレー大ヒット記念舞台挨拶

にいってきましたーー!!!



(´pωq`)(´pωq`)(´pωq`)(´pωq`)


わたしが申し込んだのは時間通りに落選メールきて、「だよねだよね~当たるなんて思ってないよ~(涙)」ってすんなり?諦めたところに、お友達からのお誘いLINE。笑



はぁ~わたしにはあの子が神様に見えました(´pωq`)


昨日は興奮して眠れなかった!
寝不足のまま今日!!

楽しみにし過ぎて待ち合わせ時間より40分も早くついた!笑


シネマメディアージュだったんだけど、ぷら~っと入ったグッズ売り場に全種類揃ってて!!
えーーーー川崎はポーチもチケットホルダーも売り切れだったよーーー!!
うわーータオルもある!!
ってさささっとポーチ、チケットホルダー購入。




あとあと、ここでタオルを買わなかったことを後悔します。



お友達と合流して、ちょっとお茶なんかしたりして。
あと少しで入れるし、お友達もお家の近くはグッズが売り切れだったのでグッズ見に行こ~って。
わたしは上映時間が迫ってきて、シゲちゃんに…シゲちゃんに会える!!!って緊張し始めたらなんだか興奮してたかぶっちゃって(笑)、タオルも欲しくなってたので買おうと。


そしたらね、グッズがほぼなくなってた!!!
キーホルダーと缶バッジとイヤフォンジャックくらいしかなかった!!!
(今日こそグッズが売れる日だと思うんですが……ねえ…)



そんなこんなで、チケット渡して入ったら、大入!
大入頂きましたーーー!!!


わたしの席はいっちばんうしろの列の真ん中ゾーンの左通路寄り。
最後列だけど、ライブに比べるととんでもなく近い!!



そして上映。(14:30~)


わたしは2回目のピングレ。
はなしの流れがわかってるから前回とまた別のとこを見ることができた気がする。

けどね、大体の感想は前回と同じネガティブな感じ。



それが、舞台挨拶のシゲちゃんの言葉でがらりと変わりました。


…っと、その前に、
上映後明るくなって、スクリーンに「ピンクとグレー」という文字が!

「17時から舞台挨拶を行います」っていうアナウンスと共に、プレスの方々入場。(入場?笑)

舞台から一列目二列目と、
座席の一番うしろ(わたしたちの真後ろ)にずらーーーーーっとテレビとかのカメラが並びました!

でね、アナウンスで、
シゲちゃんたちが登壇するまでは写真オッケーですってのが流れたので、
早速記念撮影♡





これ、さっきもらった大入♡


で!
MCの人が出てきて、いよいよ登場です!!ってなって、
え、どこどこ??ってなってたら、
すぐそばのドア(客席の一番うしろのドア/下手側)が開いてて、スポットライト当たってて、そこからシゲちゃん出てきた!!!!!

きゃああああああああ!!!っていう悲鳴が会場に鳴り響きましたよ。笑


たぶんわたしシゲちゃんから3mくらいのとこに座ってて、
わけわからなくて、
っていうかシゲちゃんきれいいいい!!!うわあああああ!!!みたいになってて(笑)


たぶん、ドアのところから出てきて止まって、お辞儀。…してたとおもう。
結構歩き出すまでに時間あったと思うから。


そこから、真ん中の通路のところまで出て来て、そこでようやく気付いたんだけど、シゲちゃんの反対側(上手側)から中島くんが歩いて降りてきてたみたい。

そこで、二人が近寄って、たぶんそこでシゲちゃんが中島くんになにかしてた(笑)舞い上がってて見れてない(笑)
で、そのまますれ違ってシゲちゃん上手側通路、中島くん下手側通路を降りて舞台へ。




左側から、
行定監督、中島裕翔くん、シゲちゃん♡の順で並んでました。

たぶんそこで二人が手を振ってたのかな?ファン…というかお客さんも手を振ってて、行定監督が「コンサートみたいで、アジカンの曲かかってるの変な感じ」って言ってた!


とにかくシゲちゃんのキラキラオーラがすごくて、
久しぶりの生シゲちゃんが美しい美しい美しいよーーー(´pωq`)
ピシーッと決めてて、髪もおでこ全開にセットされてて!
上映前にお友達に、「シゲちゃんピングレ関連で出るときおでこ全開のやつしてくるから、それじゃなくておろしてほしいなぁ」とか文句言ってたんだけど(笑)、いや、もうそんなの関係ないね!
かっこよかった!
おでこ全開いいよいいよ♡

長くなったので、
次に続けます♡

映画 ピンクとグレー 感想 ※ネタバレあり

(ネタバレ含みます)


1月10日、ピンクとグレー観てきました!
本当は1月17日まで我慢する予定だったけど、もう我慢できなくてうずうずして、うわああああってなってたので行って来ました!!



理解力が乏しくて、
結構頑固者で、
シゲちゃんが書いた小説(短編含む)の中で一番ピンクとグレーが好きな、
わたし個人の感想です。


妹と行って来ました。

原作を読んでない妹に「加藤さん(うちでは崇拝されてるので加藤さん呼び)のピングレ、ほんとにほんとに面白いよ!!!」ってしつこく言って、妹の中のハードルをこれでもか!ってくらいあげて挑みました。


いや、ほんとね、
なんか後悔した。


一人で行けばよかったなと。


性描写がとても過激。
これ、なんでR-15指定じゃないのかなと。

家族で見たら気まずい雰囲気流れるやつ。


そもそも、ピングレにこんな過激な性描写があった?
…っていうか、なんかもうどこから話せばいいのかなって。



わたしね、ここ最近の雑誌やインタビュー、シゲ部は全然読んでないし聞いてないしみてません。


いつだったかシゲちゃんが、
「小説(原作だったかな?)は小説、映画は映画」「映画は3~4割違う(?)」みたいなことを言ってるのは聞いてて、どういう意味だろうって。
きっと小説のピングレは最後が曖昧にされてて、読むひとによってどんな風にも捉えられるようになってるから、映画ではそこがちょっとかわったりするのかな、とか思ってました。




なんか、違ったね。



シゲちゃんが書いたピンクとグレーは前半62分?で終わってて、そのあとの残りは未知の世界でした。


柳楽くんがリアルごっちだったんだ、
ここまでは撮影だったんだ、
だから中島くん扮するごっちはほんとはりばちゃんなんだ、
菅田くん扮するりばちゃんはほんとはりばちゃん役の俳優さん(成瀬)なんだ、
ってことを理解したときは、


「幕開けから62分後の衝撃!」ってこのことね!!


ってほんとに衝撃受けて、
あのシゲちゃんがいろいろ仕掛けてる小説のピングレ、映画でも仕掛けがすごい!面白い!

って純粋に想った。


でもそのあとの展開はわたしにはとても飲み込めなくて、理解できなくて、
シゲちゃんは小説を書くときに、
ごっちの裏の顔?をこういう設定で書いてたんだろうかとか、
小説を読む限りでは、わたしにはごっちはとっても繊細で強いけど脆いふわんとした人だったから、なんか違うって思ってしまった。



小説と映画が違うってのはシゲちゃんが言ってたからわかってたけど、
こう違うとはおもってなかったから、うまく消化できてません。


でもこれは、
わたしがシゲちゃんのピングレ!って思って、原作にもとても思い入れがあって、
シゲちゃんの小説の中でピンクとグレーが一番好きで、
…ってそういう気持ちで観たからかもしれない。



現に、原作を読んでない妹はもちろん内容を把握せずに行っていたけど、
「色とか音楽とかこだわりがすごかったけど、話しは面白かった!」って言ってたから、わたしの頭がガチガチだったのかも。




原作ファン100人が100人、「映画面白かった!素敵だった!」って言う必要はないのかなって想って、正直な気持ちを書きました。

もしかしたら想ってても言ってない大人な対応の人もいるかもね。



でも、わたしの中でまだこの「映画 ピンクとグレー」が消化できていないので、あと何回か観に行きたいと思います。


もしかしたらなにか変わるかもしれない。





あ!もちろんカメオ出演してるシゲちゃんはばっちり見つけましたよ♡
その時、中島くんと菅田くんが何喋ったか全然覚えてないや。シゲちゃんしかみてなかった!笑

あのときの衣装、衣装っていうかあれって私服なんですね!
次行った時もしっかり観よう♡



あとグッズ~!!
ポーチとチケットホルダー欲しかったのに、売り切れだった(´pωq`)
だからパンフレットだけかってきた!
次行くときは再入荷してるかなぁ。
チケットホルダーほしい~!!



※この感想で不快な気持ちになった人がいたら、ごめんなさい。


ちょびっとずつ

乗り遅れ気味ですが、
四銃士の発売日11月25日に閃光スクランブルの文庫発売!!
おめでとうーーーー!!!
おめでとうシゲちゃん♡♡


予約したほうがいいかなぁ。
予約しなくても買えるよね。
でも取り扱いがないってことも考えられるし。
今日仕事終わりに予約して帰ろう。


それまでに閃光スクランブルの単行本の方も読み直しておきたいなぁ。
そんな時間あるかな。
うまく時間見つけよう。


それと、今日映画ピンクとグレーのアカウントがツイートしてたけど、
11月26日完成披露試写会なんだね。
行きたかったなぁ。
シゲちゃんいるかわからないけど、観たくて観たくてうずうずしてるから試写会行きたかったなぁ。

仕事なんだよ(´pωq`)

これは1月9日の公開をちゃんと待ってなさいって意味だと思って我慢します(´pωq`)




NEWS RING、バックナンバー公開されてるから、シゲちゃんの保存し忘れのやつ保存し直すのもだけど、
ほかの3人のもこの機会に読もーっと♡


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

シゲ担歴

ブログ歴

プロフィール

はに

Author:はに
シゲちゃんの照れ笑いが見られれば、もうそれだけで幸せ。
シゲちゃんの長所も短所も溺愛中。


簡単な自己紹介はこちら
【シゲちゃんに恋した時】

おデート歴はこちら
【逢いに行けました♡】

NEWSロケ地巡りはこちら
【NEWSのおかげでいろんなお店に♡】

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。